ヨガ 運動

初めてのホットヨガには何を着ていくべき?ヨガウェアを購入した方がいいの?

これからホットヨガを始めようと思っている方、ヨガスタジオに入会したものの着ていく服装を迷っている方に服装についてお伝えします。

普段の生活の中でホットヨガを行っている人の姿を見る機会はほとんどないと思うので、実際にはどんな服装でおこなっているのかを解説していきますね!

ホットヨガでの服装は特別なもの?

疑問にお答えします

結論から言うと、ホットヨガだからといって専用の服を用意する必要はありません。

もちろん世の中にはヨガウェアというものはありますが、これから始める人が服装に迷うということは、「ヨガウェア以外の選択肢」があるかどうかを知りたいということですよね。

服装としては、基本的に動きやすければオールOK!ということになります。

ホットヨガなので汗をかなりかくため、厚手のものは避け、薄手で肌触りが良いものだとヨガウェアとして大丈夫です。

そのため、最初から購入してまで用意する必要はなく、手持ちのスポーツウェアなどで代用できますよ。

おすすめの服装

ポーズの取りやすさは必須です

トップス

トップスでは、持っている人が結構多いと思われるユニクロのブラトップがいいです。

吸汗速乾素材ですし、ハーフトップと違い、お腹も見えないので初心者の方でも安心して着ることができます。

もちろん、ユニクロに限らずカップ付きのキャミソールやタンクトップなども同じです!

ホットヨガに通っていると、初心者に限らずブラトップタイプのウェアを着ている人も多く見かけるので、そういう意味でもなじみます。

二の腕を出すことに抵抗がある方は、ブラトップの上からゆったりめの半袖Tシャツなどで体型カバーが可能◎

ボトムス

ボトムスは、レギンスもしくはパンツのどちらでも好きな方がおすすめです。

レギンスのメリットは、ピッタリと密着しているのでヨガのポーズが取りやすいことが挙げられます。

デメリットは、レッスン前などにバームを塗る際に、塗りにくかったり塗れない場所があるということでしょうか。

また、脚のラインが出てしまうのが嫌な方はズボンとの組み合わせで解決できますよ。

ズボンのメリットは、運動用のショートパンツやジャージを持っている可能性が高いということです。

レギンスのデメリットのバームなどを塗れないということもあまりないと思います。

デメリットとしては、ポーズによってはウエストのゴムの位置がずれたりしてしまうことです。

結論:初心者がいきなり購入する必要はない

ホットヨガで着る服装に迷ったら、「とりあえず手持ちの服を着ていく」のがベストな選択です!

ヨガを続けていくうちに、ほしくなるヨガウェアは絶対あると断言できます笑。

そのため、まずは動きやすい服装でヨガに慣れるところから始めてみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

-ヨガ, 運動